PR

エアコンのカビは気にしすぎなくても良い?カビを放置するデメリットと予防方法

エアコンのカビ気にしすぎ 掃除

エアコンは構造上、簡単にメンテナンスができないので掃除しづらいんですよね。

エアコンのカビが気になる方は、掃除方法やカビが発生した場合のリスクなどを調べるかと思いますが、カビは気にしすぎなくても良いという情報も見かけます。

ですが、カビは、健康に悪影響を与える可能性があるほか、エアコンの故障リスクも上がるので、全く気にしなくても良いというワケではなさそうです。

今回は、エアコンのカビは本当に気にしすぎなくても良いのかや、エアコンにカビが発生するとどうなるか、予防方法や注意点などをまとめてみました!

エアコンのカビは気にしすぎなくても良い?

エアコンのカビは気にしすぎなくても良いという情報を見かけますが、同時に、カビは健康に悪影響を与えるという情報もあるので混乱してしまいますよね。

エアコンは、特に冷房や除湿運転を行ったあとは、エアコン内部に結露が発生してしまうのでカビが発生しやすくなってしまいます。

ですが、エアコンの構造上、掃除機などのように分解して簡単に掃除ができる家電ではありません。

そのため、ある程度のカビはしょうがない、掃除しなくても良いようにつくられている、などというように、カビは気にしすぎなくても良いと語られているようになったんです。

確かに、エアコンにカビが発生するたびに頻繁に対処できないので、過敏になりすぎる必要もないでしょう。

ですが、健康リスクがある以上、こまめにフィルターの掃除を行い、カビ対策を講じることは大切です。

エアコンメーカーも定期的な分解洗浄を推奨しているので、エアコンのカビは掃除しなくても良いというワケでは決してありません。

エアコンにカビが発生するとどうなる?

エアコンの内部にカビが発生してしまうと、以下のような弊害が生まれる可能性があります。エアコンにカビが発生するということは、エサとなるホコリも溜まっているということ。

カビとホコリでびっしりと汚れていれば、健康被害だけでなく、エアコン自体も不具合が出てきてしまうんです。

エアコンから出る空気にカビが混じる

エアコンフィルターの奥には、アルミフィンと呼ばれる熱交換器があります。

そこで冷やされたり暖められたりした空気が、ファンの回転によって部屋に届くようになっているんですが、内部にカビが発生してしまうとカビの胞子を部屋中に撒き散らしてしまうことになるんです。

カビの胞子は、炎症の原因となるアレルゲン物質。気管支炎などの呼吸器疾患を引き起こすこともあります。

参照:エアコン内の真菌(カビ・キノコ)

電気代アップの可能性がある

前述のように、フィンやファンなどエアコン内部にカビが発生するということは、エサとなるホコリもあるということ。

カビやホコリでエアコン内部が汚れてしまうと、空気が通りにくくなるため運転効率が低下してしまいます。

エアコンは、通常通りに機能させようと頑張るので、より多くの電力が必要になり、電気代アップに繋がってしまうというワケなんです。

エアコンが故障しやすくなる

エアコン内部にカビが繁殖して電子基板に侵入してしまうと、ショートしてしまう可能性があります。

また、カビが増殖した状態で運転し続けたり、ファンがカビ汚れで重くなってしまうと、エアコンに過度な負担がかかってしまい、故障してしまうことがあるんです。

エアコンは買い換えとなると高いので、エアコンクリーニング代金を出し渋って故障してしまったら元も子もないですね。

エアコンのカビが発生しやすい場所はどこ?

エアコンのカビが発生しやすい場所は4か所あります。

  • フィン
  • ドレンパン
  • ファン
  • 吹き出し口

フィンは、熱交換器と呼ばれ、冷やしたり暖めたりする場所。結露が発生しやすいので、エサとなるホコリがあるとカビが発生しやすくなります。

ドレンパンは、フィンの結露を集めて室外に排出するためのもの。問題が起こって水分がうまく排出されないと、カビの原因になります。

ファンは、フィンで調整した空気を室内に送るためのパーツ。吹き出し口から覗くと筒状のパーツが見えますがそれがファンです。フィンなどにカビがあると、当然ファンにもカビの胞子が付くため、条件が揃えばファンにもカビが発生してしまいます。

吹き出し口は、ファンから送られてきた風を左右上下に動いて調整する場所。エアコン内部から送られてくる風にカビの胞子があれば、カビが発生するリスクが高くなります。

エアコンのカビが気になったときの注意点

エアコンの吹き出し口や、吹き出し口から覗いて見えるファン、アルミフィンにカビを見つけたら、手が届く場所なのでつい除菌してしまいたくなりますよね。

エアコンに塩素系漂白剤やアルコールは吹きかけない

ですが、エアコンに塩素系漂白剤やアルコールを使用するのは絶対にやめましょう。

塩素系漂白剤は、アルミなどの金属を変色したり腐食したりしてしまうこともありますし、アルコールは発火の危険があるので絶対に使わないでください。

市販のエアコン洗浄スプレーはカビの繁殖を手助けするかも

また、市販のエアコンクリーニング洗剤(エアコン洗浄スプレーなど)を使って掃除しても、洗剤が残ってしまうとカビのエサとなり大繁殖してしまうことも。

カビを徹底除去したい場合は、プロのエアコンクリーニングに依頼するのがおすすめです。

賃貸物件の場合はトラブルを防ぐためにも、自分でカビ取りを行う前やエアコンクリーニングに依頼する前に、必ず管理会社や大家さんに確認しましょう。

エアコンにカビが増えないよう予防できること

エアコンのカビを気にしすぎなくても良いように、日頃からカビ対策を行っておくと安心できますよね!ここからは、エアコン内部のカビを防ぐための5つの対策をご紹介します。

エアコンフィルターをこまめに掃除する

カビの発生条件は、湿度・温度・エサの3つが揃うことで発生して繁殖していきます。

エアコン内部はどうしても湿度が上がりやすくなるので、エサとなるホコリをとにかく防ぐことが大切になります。

フィルターは、週に1度は掃除機でホコリを吸い取り、エアコン内部にホコリが落ちないようにしましょう。

冷房後は送風運転を行う

冷房運転や除湿運転を行ったあとは、フィンやドレンパンなどに結露の水が溜まっていることがあります。

湿気を取り覗くためにも、運転後は30分ほど送風運転を行いましょう。送風運転を行うと、乾いた空気が内部を通るため、エアコンの内部を乾燥させることができます。

最近では、自動で乾燥を行ってくれる機能が搭載されたエアコンもありますが、そうでないエアコンは、出かける前や夜寝る前にセットしておくのがおすすめです。

こまめに換気する

室内の湿度や温度がカビにとって良い環境になると、カビの胞子が活発化してしまいます。

換気を行うことで湿度や温度を下げれば、カビの胞子の活動を低下させることができるので、エアコンにカビが発生するのを抑えることができます。

こまめに換気することは、カビの発生を抑えるだけでなく、感染症予防にもつながるといわれているので、流行時期には1時間に2回ほど(5分程度)換気を行うのがおすすめです。

部屋を掃除して清潔に保つ

家の中にカビの胞子があると、エアコンにカビが発生してしまうリスクが高まります。

家の中にカビが発生してしまう原因は、お風呂やキッチンなどの水回りから発生している可能性が高いんです。

家の中のカビをエアコンが吸い込み、エアコンにカビが発生。今度はエアコンがカビの胞子を撒き散らしてしまう、という悪循環になってしまいます。

特に水回りを掃除してカビを除去し、掃除機やモップなどを使ってホコリなどの掃除も定期的に行いましょう。

1~2年に1度はエアコンクリーニングを行う

エアコン内部の掃除は、素人がやると故障してしまったり感電してしまったりなどのリスクがあります。

カビやホコリなどの汚れを隅々まで落とすためには、プロのエアコンクリーニングに依頼しましょう。依頼頻度は1年に1~2回、エアコンを使わない時期、エアコンクリーニングの閑散期である夏前や冬前がおすすめです。

エアコンのカビは業者に任せるのがおすすめ!

エアコンクリーニングは、徹底的に汚れを除去してもらえるのでプロに任せるのが1番です。

料金相場は1台8,000~12,000円ほど。お掃除機能付きエアコンで13,000~20,000円ほどなので、故障リスクや安全に使えることを考えれば安いもの。

1度エアコンクリーニングでメンテナンスすれば、その後のお手入れもラクになりますよ。

まとめ

エアコンのカビは過度に気にしすぎてもどうしようもありませんが、カビが繁殖してしまうと健康リスクや故障リスク、電気代アップにつながるので、カビを放置することはやめましょう。

自分でできる掃除は、フィルターと吹き出し口を拭くのみ。塩素系漂白剤やアルコールの使用はNGです。内部は故障してしまうことがあるのでプロのエアコンクリーニングに依頼するのがおすすめです。

カビを直接掃除で除去しようとしなくても、カビの発生を抑えることはできます。カビの予防対策もあわせて行い、エアコンのカビを防いで快適に清潔に使えるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました